「あのね…」
09-0227-1
「最近ね、変な音がするんだよ。」


パパ 「ハクション、ハクション」



09-0227-2
「ほらまた、パパから」


パパ 「ハクション、ハクション、ハクション、ハクション…」

くしゃみを連発し、くしゃみ疲れで固まるパパ…


09-0227-3
「終わった?」


パパ 「ハックショ~~イ!!」


お察しの通り(?)、パパは花粉症です。



ランキングに参加しています。
ポチポチッと押していただけると嬉しいです。
   ↓         ↓   
にほんブログ村 猫ブログへ FC2ブログランキング

コメント 7

チビ太ママ  2009, 02. 27 (Fri) 19:46

花粉症って本当につらそうですね。
でも、勝手に治っちゃう場合もあるようで、うちの父ちゃんと兄ちゃんは3年くらいでかなり良くなっちゃいました。
3年寝位はこの時期薬ばっかり飲んでたのにね。
ニャンコ~みたら、くしゃみばっかりして、不思議だろうなぁ・・・。

パパさん、お大事に!

編集 | 返信 |  

とら。主  2009, 02. 27 (Fri) 21:58

ありゃま、パパさん花粉症ですか。
私も去年から秋だけではなく春も花粉症になってしまいまして、
夜はティッシュを鼻に詰めて寝てます。
きっとパパさんも・・・でしょうね。
鼻の中を洗ってみると気持ちいいもんですよ。
どうぞお大事にね。
↓のななちゃん、表情豊かだわ~(笑)
顔の運動すると ふけないってね~(*`▽´*)

編集 | 返信 |  

chipmama  2009, 02. 27 (Fri) 22:32

パパさんは花粉症なんですね。
温度アレルギーもつらいですけど、花粉症の方が対策が難しそうで大変ですね。
パパさんもお大事になさって下さい。
にゃんこは突然の大きな音にすごく反応しますよね(^^)

編集 | 返信 |  

koro  2009, 02. 28 (Sat) 10:49

ウチも2号が花粉症。
幸い私はその辛さがわからないのですが(笑)
ビビリにゃんにとってもびくっ!どきっ!の季節です。
とらじくん、首長~っ!!

編集 | 返信 |  

とらーなママ  2009, 02. 28 (Sat) 21:37

★チビ太ママさんへ

本当に辛そうですよ。
数年前までは、私も目や鼻が大変なことになっていたのですが、このところ大丈夫なんです。
私も勝手に治っちゃったのかな~?
猫たち確かに不思議がってます(笑)
パパに伝えておきます。ありがとう~!


★とら。ちゃんの主さんへ

主さんもですか~。春と秋両方なんて大変ですね~。
うちのパパも一昨日からひどくなって、鼻にティッシュつめて寝てました。
鼻の中を洗うって私も聞いたことがありますが、ちょっと勇気がいりそうです。
でも気持ちいいんですね。パパに伝えておきます。ありがとう~!
老けない!? じゃ、常に顔を動かしていようかな?(笑)


★chipmamaさんへ

chipmamaさんは温度アレルギーなんですか。
初めて聞く言葉ですが、温度でアレルギーが起こるってことなのかな?
その方が対策が難しそうな気もします。
ありがとうございます。パパに伝えておきますね。
chipmamaさんもお大事にして下さいね。
パパがくしゃみをするたびに、隠れたり、首を伸ばしたりと大忙しの猫たちです。



★koroさんへ

数年前まで私も花粉症だったはずなのに、この頃はほとんど症状が出なくなったんです。
あの辛さもわかっていたはずですが、治ってしまったらもう…です。
今は猫たちとパパのくしゃみを眺めてます(笑)
そうですね。猫たちにとっても、きっとイヤな季節でしょうね。
とらじの首、長いでしょ!(笑)

編集 | 返信 |  

かお  2009, 03. 02 (Mon) 12:49

花粉症とはお辛いでしょうね。
私は運良く今のところ大丈夫ですが・・・
とらじ君、パパさん大変だから癒してあげてね~v-398
猫には花粉症ってないのでしょうか?


マイクロチップのことですが、ご参考まで。
自治体によって対応は異なるそうですが、
保健所に収容されたときに個体識別をして、
飼い主に連絡がいくようにシステム化されているところもあるようです。
現在は普及を目指して取り組む自治体も増えているようです。
もしご存知だったらすみません^^;

編集 | 返信 |  

とらーなママ  2009, 03. 03 (Tue) 19:03

★かおさんへ

猫に花粉症があるかはわからないけど、以前ななが結膜炎になった時、獣医さんに
「花粉とか、アレルギーになるものはありますか?」と聞かれましたよ。
人の花粉症も昔はあまり聞かなかったのに、最近は当たり前のように聞きますよね。
だからそのうち、猫の花粉症もメジャーになるのかもしれないですね。
(猫の花粉症もあれば、の話ですが。)

マイクロチップのこと、動物愛護センターに聞いてみました。
うちの地域の愛護センターにはマイクロチップの読み取り機があり、収容時には使っていて
普及に前向きな自治体のようです。
ただ、犬はすぐに保護するけれど、猫は捨てられている子猫と、負傷して動けなくなった猫しか保護しないのだとか。
だから猫に読み取り機を使うのは、負傷して動けなくなった猫の場合だけ、だそうです。
私は迷子の猫もどこかに保護されると勝手に思い込んでいました。
でもそんなことは無理ですよね。
元気な成猫は、外猫なのか、飼い猫が外を散歩しているだけなのか、区別がつきにくいですものね。
話が横道にそれましたが…。
うちの地域は愛護センターはもちろん、動物病院でも読み取り機を持っている所が増えているので
マイクロチップをしていれば、もし何かあった時に、連絡してもらえる可能性が高まることは事実だと思います。
ちょっと冷静になって、もう一度よく考えてみますね。
いろいろ教えて下さって、本当にありがとうございました。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧