何をどうしようか悩んだけど、ウチはウチなりにななを迎えた。

170821_3

まずお花の準備。

花のことは全くわからず、すべて相談して小さなアレンジメントを作ってもらった。
鬼灯入りで。

その花屋さんは9年前、20年一緒に暮らしたワンちゃんを亡くしたそうで
「未だに涙が出るの」 と。

お盆の時期は、やはりペットのためのお花を買いに来たお客さんと
お店で話をして泣くのだそう。

帰り際 「まだ難しいと思うけど、必ず立ち直ってくださいね」 と、花屋さん。
まだまだ自信はないなぁ。


お迎えの精霊馬は折り紙で。
本物のきゅうりで作ると、かじる子がいるので。
↑にはないけど、あとでナスの牛も作った。

かじる子はこの子↓  まろんです。
170821_1


お盆の間、ななの気配は何も感じなかったけど
14日の朝方、夢に出てきてくれたので、たぶん帰って来てくれたんだよね。

月命日も2回過ぎ、49日、初盆と時間が経つにつれ
姿を見たくて、なでたくて、寂しくてたまらないデス。


それから、とらじのこと。
170821_2

ななが息を引き取った場所で、時々鳴いているのを見ると
なんとも切ないです。



~☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆~



3月に亡くなった、ばあちゃんも初盆。

じいちゃんに先立たれたあと、急に庭で花を育てるようになったばあちゃん。

ばあちゃん、花を愛でたり、育てたりすることで
気持ちを落ち着けていたのかなと思う。

ばあちゃんの、「見て。キレイに咲いたよ」の言葉に
適当に返事していたこともあった私。

もっとちゃんと聞いてあげればよかったな。

今、私も花が好きになった。

コメント 2

-  2017, 08. 21 (Mon) 23:56

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

とらーなママ  2017, 08. 29 (Tue) 12:19

☆鍵コメさんへ

全然気配は感じなかったけど、帰ってきてたと思いたいデス。
せめてとらじにだけは会ってあげてほしいなぁ、と。
自分ひとりなら、何もせずにずーっとボーッとしていたいけど
そういうわけにもいかず、なんだかモヤモヤイライラすることも…。
体は大丈夫です。ありがとうね。
まろんね、確かにちょっと張り合いがなくなったかも?
でもいろんなこと、やらかしてくれてます(笑)

編集 | 返信 |  

新着記事一覧