上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近やっと歯磨き練習を始めたとらじ。

といっても とらじ11歳 歯磨き経験なし、なので
看護士さんから教わったように、まずはガーゼで拭くところから。
この歳から始めるのは結構大変ですね~。

今さらだけど歯磨きを始めたのには理由があって…
最近のとらじ、ちょこっと不調でした。

160901_1
猫って不調だと人の手の届かないところに籠もるのね…。

ゴハンを途中でやめてしまって口をクチャクチャさせたり
口の周りを手(前足)でこするような仕草をしたり
歯ぎしりのように歯をシャリシャリ鳴らしたり。

食べる量も以前よりかなり減ったし、何より辛そうなので病院へ。

口をクチャクチャ・シャリシャリさせている時の動画も用意して。


動画を見た獣医さんの話だと

猫も年齢とともに歯が浮いた感じになることがあって
それはだんだん慣れるらしいのだけど、とらじは気になるよう。
シャリシャリ鳴らすのはそのせい?

年齢的にも歯石はたまっているだろうから
歯石除去という形で麻酔をかけ、口の中をしっかり診てもいいかも。

治療する・しないは飼い主さん次第
シャリシャリしているのを気にならない人もいるし
可哀想だからなんとかしてほしいという人もいるそう。



私は気になっているから診てもらったわけで
でもココが悪いというところがないのに麻酔をかけるのには躊躇してしまう。
※黄色っぽい歯はあったけど、見える歯茎は腫れても赤くもなっていないよう。
でも歯石除去をするなら元気な今のうち?という気持ちも…。



まずは口内炎に効くという、薬(インターベリー)を試しに使ってみることに。
※一日一回一滴ずつ、口の中に左右からたらして使う

すると その効果か、歯のシャリシャリがなくなった。

口の周りを手でこするような仕草も格段に減り、食べる量も増えてきた。

やはり口の中で何か炎症があった?

とりあえず落ち着いてきたので、すぐに歯石除去手術はせず
このまま薬を使いながら、様子見。


実はとらじ、数年前から時々、口の周りを手でこする仕草をすることがあり
それで2~3度受診していたのに、異常がないと言われて放置していた。
すぐにおさまっていたし…

でも違和感があったからそんな仕草をしていたんだよね。

あの時から歯磨きだけでもしておけばよかったかな。
ホントは子猫の頃から慣らしておけば…。

160901_2
「口の中が痛いのはイヤだけど、歯磨きもイヤだなぁ…」


それから ななとまろんも。

これまた今さらだけど、症状が出る前に歯磨きを始めよう。

あと、私も。 延び延びになってる歯医者へ行かなきゃ!

コメント - 2

koro  2016, 09. 04 (Sun) 00:01

テンプレートかえたのね~。シンプルで素敵♡
年齢を重ねるといろいろ不具合が出てくるのはヒトもおネコさまも一緒ですね。
お薬効いてよかった・よかった^^
歯磨き、3にゃんだと一仕事だね^^;
ウチも磨くというより塗るって感じだけど
それでも歯肉炎ならなくなったから~
とらじくん、ずっとおいしくゴハン食べられるように頑張ろう!

編集 | 返信 |  

とらーなママ  2016, 09. 07 (Wed) 07:50

To koroさん

テンプレート、急にシンプルにしたくなって。気分転換デス♪
ホント最近、不具合が多いなぁ、ヒトもネコも…。
一つ一つ治していかなくちゃね。
歯磨きね、とらじとななは ともかく、野生児まろんは無理かも~。
今回いろいろ調べてみたけど(やっとね…)
猫の歯肉炎の写真や記事を見たら、なんだか怖くなっちゃった。
しんちゃんの歯磨きの記事、見るたびにウチもやらなきゃ!
と思ってたんだけどなぁ。
思ったらやらなきゃダメだね~。
ありがとう♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。