上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週水曜日 午後6時半過ぎ

1時間半ほど長男と出かけていて帰宅すると、台所にガラスと顆粒状の鰹だしが散乱。

すぐに猫3匹の状態を確認。

3匹ともに元気だったが、まろんの肉球に顆粒だしがついていた。

そして左手(左前足)が少し赤い。傷はなさそうだけど、どこかから出血してる?

ガラスの破片を片付けていると
真っ赤なガラスの破片(三角形で1辺が2センチくらいのもの)を見つけた。
(割れたガラスは透明だったもの)

さっきの手の血? どこかに傷があり、まだ破片が入っているかも?と思い
かかりつけの獣医さんにFAXで連絡。(休診日だったため)

在宅している時は10分以内に折り返し連絡をしてくれる。

待ちながら、私はガラスを片付け、長男は猫たち(主にまろん)を見ていた。




午後7時半

獣医さんからの連絡もないし、猫たちも大丈夫そうだから
明日まで様子を見ていいかな、と思い始めた頃

「血を吐いた!」と長男が叫んで まろんの元へ。

私は病院へ連れて行くためのキャリーを用意し
少し遠くの、夜間救急を受け付けている病院へ電話。

「猫がガラスの破片を飲み込んだようで、血を吐いてます!」と。

すぐに診てくれるとのことだが、電話中も まろんはガバガバと血を吐いている。

「今も血を吐いてます、どうやって連れて行ったら?」と言うと

「タオルでくるんで、なるべく揺らさないようにして連れて来てください」と。



病院へ(1回目)

獣医さんが口の中を診察すると上顎にたくさんの小さな切り傷、舌がザックリ、
左の口角も切れていた。

口の中の傷は自然に治るので心配ないそう。

吐いた血の色を聞かれ
「赤黒い血だった」と長男。
(赤い血なら口の中から出たもの、赤黒い血ならお腹の中からの出血だそう)

胃と腸のレントゲン・エコー検査をし、はっきりわかるような大きなものはないことを確認。

あとは、すぐに全身麻酔をし内視鏡で胃の中を調べるか、一晩様子を見るかの選択。

獣医さんは、「吐血も落ち着いているので一晩様子を見てもいいかと思います。
でももし帰宅後、吐きたくても吐けないような素振りをしたり、お腹を痛がるようだったり
またたくさん血を吐いたりしたら、すぐ電話連絡して連れて来てください」と。

胃を保護する薬・止血剤(両方とも水薬)をシリンジで飲ませてもらい、帰宅。



帰宅後

喉が乾いて仕方のない様子のまろん。

「塩分の多い鰹だしを食べたから、喉が乾くかもしれないけど
明日の受診まで、何も飲ませたり食べさせたりしないでください」
と言われていたので、気をそらしたり、言い聞かせたりしながら一晩過ごした。

お腹もすいてきたようで、なんとかご飯をもらおうと必死なまろんを見ているのは辛かった。

夜中3時半過ぎ、ようやく諦めたのか眠る。




木曜日 病院へ(2回目)

口の中の出血はひとまず止まったよう。

喉の奥からも血が出てくる様子はなく、お腹を触ってみても
痛がるようでもないので、内視鏡はしなくて大丈夫だそう。

水もご飯も少しずつあげていいとのこと。

あとはお腹の中に飲み込んだであろう小さなガラス片が下から無事に出てくれれば。

胃を保護する薬(食前)と消化剤(食後)の水薬を3日分と
検便容器をもらって帰宅。

2日後、できるだけ新しい便を持って受診予定。


帰宅後は水もほとんど飲まず、ガタガタ震えて長男の膝に乗って眠っていたが
2時間ほど過ぎた頃、やっと水を飲み ご飯を食べた。

その後はみるみる回復。

トイレは行くものの、小ばかりで大は出ず。

そういえば、まろんは人や猫がいないときにコッソリトイレに入るので
検便や検尿は難しかったんだ。




土曜日 病院へ(3回目)

結局検便は取れず(夜中に誰かがしていたが、誰のものかわからなかった)

まろんを連れて病院へ。

舌には血の塊がついていたものの、口の中の傷はだいぶ良くなっているよう。

便をしたかどうかがわからず、取れなかったことを伝えると

「お腹を触ってみても、痛がる様子もなく、
便も溜まっている感じもないので、たぶん出ています。
もう大丈夫でしょう。良かったですね。」と獣医さん。

それを聞いたら、数日間の今までの緊張が一気に解けた気がした。

今後は、もし黒っぽい便が出るようなら(どの猫のものでも)
便を持って受診してくださいとのことだが、ひとまず通院終了。




日曜日 病院へ(4回目)

午前中は元気だったが、夕方、寝室に嘔吐のあとが。(フードと液体?)

その後は夜まで寝ていて、9時過ぎに起きてきた。

なんだか様子がおかしい。

ピンク色の液体を嘔吐し、ぐったりしているので、病院へ連絡。

嘔吐物を持って病院へ。

エコー検査で胃の中に出血がないことは確認できた。
ただ、フードなら均一に映るはずの影が
まだらだったので、これがガラスかな?と。

内視鏡検査をしても、ガラスはツルツルすべるので
よほどの大きさのものでないかぎり、取り出すことはできないそう。
ただ、ガラスがある・ない、という確認はできるが。

血液検査で異常がなく、今の症状は緊急に何かしないと命にかかわるわけではないので
点滴をして、3日分の飲み薬をもらって帰宅。

明日、元気も食欲もないようなら受診。




月曜日 病院へ(5回目)

朝からずっと飲まず食わずで元気なし。病院へ。

今までの経過や検査結果から考えると、悪さをしているのはガラスではなく
嘔吐したことや塩分の多い鰹だしを大量に食べたことで、胃や食道が荒れたからかも。

お腹の触診で痛がる様子もなく、お腹の中に出血もないようなので
まずは消化器の治療をすることに。

家で薬を飲ませながら、水分・栄養補給のため点滴に通う。

しばらく続けてみて、治りが悪いようなら、内視鏡検査をすることも考える。


帰宅後、少し元気が出たのか、カリカリフード3~4粒ほど口にするが
1時間もすると、またぐったり。


食べていないからか、痩せた気がする。

歩き方もフラフラだし、目にも元気が無い。心配。

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。