これは猫のお話ではないので、スルーしてくださっても全然OKです。


我が家のクリスマスシーズンはいつもクルシミマス。

私の左耳難聴が始まったのは十数年前のこの時期。3年前はお腹の手術をしました。

結構大変なことがあるシーズンなんです。



今年はイブイブに始まった腹痛が治まらず、イブに近所の病院へ。

診察・検査(レントゲン・エコー)ともにお腹の異常はなかったものの

レントゲンフィルムを見て「腰椎第4、第5番目の骨がつぶれてるね~」と先生。

そういえば少し前に20リットル入りの灯油缶を持ち上げたとき、グキッっとして、しばらく動けなかったことが…。

その時に痛めたのか?

数日で痛みは治まったから忘れていたが、先生の言葉を聞いてまた急に腰が痛くなる私。

今のところ、お腹は大丈夫というので、薬も処置も何もなく帰宅。

でも治まらないようなら、一度お腹の手術をした病院を受診するよう言われた。

かなり遠いから、行くのも大変なのだが…。

ところで腰の骨って、このまま放っておいてもいいものだろうか?



そしてその日の夜、チクワキライさんからのプレゼントが届いた~♪ 
※その様子は↑の記事をどうぞ!

興奮でしばらく腰・お腹、両方の痛みを忘れ、夕食を作るのも忘れ…。
(イブなのにね~。バタバタしてケーキもなし…)



そこへパパさん帰宅。

パパさん一言、「木がささった。」と。

見ると、指にとげがささっている。結構太い物で、しっかり入り込んでいた。

お風呂でふやかした後、毛抜きや火で消毒した針でつついてみるが、いっこうに抜けない。
       (よい子はマネしないでね↑)

そのうちに指が腫れてきて、ますます抜けなくなった。

パソコンで調べると、とげ抜きの民間療法がいろいろ載っていた。

蜂蜜をぬる、梅干しをはる、5円玉の穴をとげにあわせ固定しておく等々。

「なんでそんなことをする必要がある?」と怒るパパの指に5円玉をはりつけ、様子を見た。

しばらくすると腫れは引いたが、とげはそのまんま。

「もういい、俺は寝る」と言うので、再び消毒して、絆創膏をはって、パパはご就寝。

とげがドンドン奥に入っていったらどうなる?と心配したけれど

とりあえず、私はお風呂に入って落ち着くことにした。

あんなに心配したくせに、パパが寝てしまったら、チクワキライさんからのプレゼントの興奮がよみがえり

幸せな気分に浸っていた私。パパ、ゴメン。
     ※とげは後日パパが無理矢理抜きました。見ている方がコワかったっす!!



その後、買ったばかりの薬用クリームを手・足・ひじ・かかと等にすり込む。

手荒れ、肌荒れがひどくなる前にお手入れしておこうと思ったからね。

すると、手の甲が赤くなった!

血行がよくなったのかな?と思っていたら、熱をもってきて、その上痒くなってきた。

そして、みるみるうちに赤いぶつぶつだらけ…。

ブログ巡りをして気をまぎらわせていたが、痒さに耐えきれず、真夜中の2時過ぎ
再びお風呂に入り、クリームを洗い流した。

クリームが原因か?それを確かめるため、たまたまリビングにいた息子に、クリームを勧める。

私、なんちゅう親だ?(笑) 
     ※一応私の手を見せて、本人了解の元でぬりました。

幸い?息子は何ともなく、すべすべの手になった。私の体質に合わなかっただけなのね…。

私の痒さと赤いぶつぶつは一向に治らず、なんでイブに?と思っていたら、変な音が聞こえた。

とらじが吐いた!

吐いたのはカリカリご飯なので、急にがっついて食べたからだろう。
(ダイエット中なのに夜中に食べさせてしまったこと、反省…。)



いつもの年に比べると、地味~なクルシミマスな出来事でしたが、これは招き猫ななの御利益だろうか?

08-nyanji-2
「もちろんアタシのパワーよ♪」


しかしそのパワーが足りなかったのか、腹痛は治まらず、お腹の手術をした病院へ…。

痛みの原因はそれに関係したものだったみたい。

そして再び手術をすることにならないために、来月から新しい治療を始めることになった。

まだ歯も治療中だし、私のスケジュール帳は病院マークがいっぱいだぁ!(苦笑)



     
以上、こんな長い文を読んでくださって、ありがとうございました。
新着記事一覧