これは猫とは関係のないことなので、

お時間のある方、興味のある方のみどうぞ。


先月の、めまいで通院していたときのこと。

診察・点滴が終わり、会計を終えたとき

あるご婦人から声をかけられた。

「あなた、○○△△さん?」と。
(○○は私の名字、△△は名前と思ってください)

見ず知らずの方だったので、 ??? と思いながらも 「はい」 と返事をすると

そのご婦人、 「まぁ本当に!?  私、結婚して名字が変わったけど
結婚前は○○△△だったのよ!」



私も驚いた。

私の本名は、名字はともかく 名前は割と少なくて

どちらかというと珍しい?方に入るであろう名前。

同姓同名の人がいるなんて、考えたこともなかった。

戸惑っている私の前で、そのご婦人は 「懐かしいし、嬉しいわ」

満面の笑みを浮かべている。


結婚前に○○△△さんだった方と

結婚して○○△△になった私

初対面なのに妙な親近感を覚えた。


年齢も教えてくださったが

その方が○○△△さんだった時代は、たぶん私が生まれる前のこと。

なんだかとっても不思議な気持ちだった。

病院の会計で私が名前を呼ばれた一瞬、

その方がその場にいなかったら、

そしてその方が声をかけてくれなかったら

味わえなかった気持ち。


偶然って面白いな~と思っていたら

少しだけめまいの辛さを忘れていた。

コメント 0

新着記事一覧