FC2ブログ

ななの時は 天敵関係だったこともあってか
まろんは特に変わった様子もなく
私達家族も、その明るさに助けられた。

だけど、さすがのまろんも今回の
とらじがいなくなったことはこたえたようで
ちょっと元気ないかな。

みんな家にいるのに玄関で鳴く時があって
もしかして とらじを探しているのかな、と思うことも。

190412



~☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆~



まだとらじの49日も過ぎてないし
6月は ななの3回忌だし
何より、甘えん坊になったまろんを
しっかり見なくちゃいけないと思うけど
なんだか私の役目が終わった気がしてしかたないのデス。

初めての月命日

4月3日は とらじの初めての月命日だった。

なんだかあっという間の一ヶ月。
私は最初の3週間ほどの記憶がほとんどなく
家族に「私、何してた?」と聞いたら、「ほぼ寝てた」と。

妙な意地もあってか、ほとんど涙も出なかったのに
最近になって場所・時間構わず突然泣けてしまって困ってる。(周りがね…)


そして14年前の4月3日は とらじがウチの子になった日。

高速道路に乗って迎えに行ったこと
行き帰りの車の中で名前を決めたこと
家に着いてすぐ、マットの上で長男に肉球をプニプニされながら眠ったこと…

いろんなことを思い出した。 

楽しかったな。



3月3日のこと。
 
とらじの最期は、病院から帰ってきて
家で長男と二人で看取った。


とらじらしいな、と思ったのは
最後の2時間ほどは横になったまま動けなかったのに
まろんが近くに来た時だけは、力を振り絞って頭を上げたこと。

たぶんいつものように、なめてあげようとしたのだと思う。

それから月も日も違うけど、ななと同じ日曜日の午後1時過ぎに旅立ったこと。

ななのことが大好きだったから、時間合わせたのかなと思ったり…。


とらじがいなかったら、
最初の子がとらじじゃなかったら
多頭飼いは考えられず
多分、ななも まろんもウチの子になっていなかった。



最後にストレスかけることしちゃってごめんね。

我が家の猫族の長のお仕事、お疲れ様でした。

ありがとね。

190407

ご報告


3月3日午後1時過ぎ、とらじが息をひきとりました。

まだ実感がなく、夢なのかなと思ったりしてます。

心配してくださった方、ありがとうございました。
膵炎はもう治っているらしいです。

でも貧血がどんどん進んでいるのです。

幸い今とらじの体の中で「血を作ろう!」という細胞が頑張っているそうなので
もっともっと頑張ってもらうこととして…。


それとは別に
左の腰の辺りの骨がふくらんでいるのに気が付き
びっこをひくようにもなったので、診てもらおうとしたのですが
今日はレントゲンを撮っている途中、口呼吸になってしまい検査ができませんでした。

夕方、獣医さんから電話がありました。
今晩から絶飲食で、明日もう一度病院へ行きます。


とらじ、大丈夫だからね。
とらじ、実は今 体調不良です。

先月の中旬に健康診断を受けたときは元気だったのですが
その後、食欲不振になりました。

点滴に通ったり、お腹を動かす薬を飲んだり、フードを変えたりして
一旦は食べるようになったのですが
なんだかやっぱり食べが悪く、吐いたり
手(前足)もびっこをひくようになったので、再受診。

いろいろ検査をした結果
骨関節症と貧血と膵炎でした。

まずは膵炎を治さないと他の治療薬が使えないということで
毎日点滴と注射に通っていますが
あまりご飯を食べてくれないので
困ってしまってます。

食べないとまた新たな病気になっちゃうそうなので…。

ちゅーるや赤ちゃん用の美味しい(らしい)フードやら
4種類ほどのフードから選びたい放題なのに
なかなか…。

だから、ちょっと痩せちゃったのです。

190224

とにかくゴハン食べてー!